1灯でレディスバックの撮影

写真1

クリップオンストロボ1灯での商品撮影のサンプルです。撮影商品はやや大き目のバックです。
写真1が出来上がり画像(切り抜き&影付き)です。

背景紙を普通にセットして、Godoxのソフトボックス60×60にクリップオンストロボ(GN60)を、出力を2分の1でセットしました。左右にレフ板(白)を置いてます。

カメラの方は、ISO200、シャッター速度250分の1、絞り値F8~F11です。焦点距離35mm(35換算56mm)

ライティング

バリエーション撮影として、何カットか撮ってみました。こちらは切り抜き処理はしてません。メインの機材をGodoxのソフトボックスからコメットのアンブレックスに変えたのが下の写真です。アンブレックスの方が発光面が広いためか少し明るく写りました。
なおバックの取っ手は、たまたま自立しましたのでテグスで持ち上げる処理はしていません。
止め金具を金色に光らせるためレフ板の位置調整に少し手間取った位でセットしたらすぐ撮れるライティングです。右のレフ板は近くに置くとききすぎるので離すためスタンドに付けてます。

いわゆる天トレの代わりにソフトボックスやアンブレックスを置いた万能ライティングになります。ポイントは小型でもブームアームを使っている点です。スタンドだけの場合影の出方がかなり違います。

アンブレックスのセッティング
アンブレックスで撮影
ソフトボックスで撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です