撮影用ライトについて

写真電気工業の蛍光灯ライト

光がなければ写真は写らない。 当たり前ですが、ここに大きなポイントがあります。
ネットショップの一部の写真に、ただ明るさがあるだけ、光が当たっているだけという画像を目にします。これでは売れる商品も売れません。ありあわせのライトで光をあてるのではなく撮影用機材を検討ください。

撮影用ライトは2種類

大まかに言って、撮影用のライトは、定常光ライトストロボ(フラッシュ)の2種類です。
定常光は文字どうり、常に光っているライトです。光の元になる光源は広い意味の電球です。

いくつか種類がありますが、今は蛍光灯とLEDを理解しておけば十分です。 レフランプといわれる昔の撮影用電球は発熱、寿命の短さでほとんど使われなくなりました。(使わないほうが無難です。)

定常光ライトはスマホ撮影では必須

カメラやストロボのところでも書いていますように、スマートフォンで撮影では外部フラッシュは使えないため定常光ライトでの撮影になります。またストロボとの接続端子が無く、マニュアル機能がないコンパクトデジカメでも定常光ライトでの撮影しか出来ません。

定常光ライトその1-蛍光灯ライト

アマゾンで販売中の撮影用蛍光灯ランプ

蛍光灯は、人間の目にはあまり感じませんが、緑の色が強くフイルム撮影が主の時代は撮影に不向きとされてきました。デジカメ時代に入り、簡単に緑の色かぶりを消すことができるようになり、急速に蛍光灯ライトが普及してきました。

日本ではSD写真電気工業という、撮影用のアンブレラやソフトボックスを出しているメーカーが商品化しました。当初はあまり話題になりませんでしたが、デジカメが高感度で使えるようになりヒット商品になりました。(蛍光灯電球ではなく灯具・写真上)

やがて中国でコピー商品が作られるようになり、現在は大量に流通してます。粗悪なものからプロが使っているものまで、さまざまの商品があります。ただし肝心の蛍光灯ランプが製造中止の傾向にあります。(パナソニックとか)いずれランプそのものはLEDに変わると思います。

蛍光灯使用のライトにはどんな物があるのか?

撮影機材が豊富なアマゾンで、販売されている定常光ライトです。基本的に小物撮影から人物の半身程度撮影までを目標にしてます。

とりあえず紹介するとすれば、このようなキットが販売されています。ポイントは150W蛍光灯電球2個付き(使うのは1台に1灯)ソフトボックスが傘のように開き初心者に使い易いでしょう。(力は少しいります)価格が6,000円以下とかなり安いと思います。
中国製における、華奢な作り、耐久性のなさは覚悟して購入ください。(特にお勧めというわけではありません。)

高い耐久性のある商品はやはり国内メーカSD写真電気工業の製品になります。
写真は40cm×40cmのもので本体のみ16,000円です。小物撮影はこのサイズで可能です。人物などは大きいサイズの物を購入ください。なおライトスタンドや電球は別売りです。

定常光ライトその2-撮影用LEDライト

LEDライトも当然、定常光ライトです。歴史が浅いのはお分かりと思います。

現在はビデオ撮影用として製品が多数出てきてます。商品撮影用として写真のようなビデオライトも使われ始めてます。商品撮影用としての電球タイプは少数が発売されているだけです。(下記参照)数年後には、主流になっていると思います。発展途上のライトといえるでしょう。当サイトでは、電球タイプは数機種だけしかお勧めしていません。参考LDE電球

アマゾンで販売しているLEDライト
なんとか商品撮影に使えます。

youtubeに個人が動画をアップすることが増え、ビデオライト多くの製品が販売されています。管理人が考えるポイントは3点、1、色がきれいなこと、2、明るさがあること、3、LED電球むき出しでないことなどでしょう。なお電池で長時間光を当てての商品撮影は無理でしょう。
またデフューザーなどを工夫しないと高品位な画像は撮れません。モノブロックストロボと同じような形状のLEDライトでないとストロボ撮影同等のクオリティのある商品写真を撮るのは難しいと思います。

撮影用LED電球は、2020年春で、とりあえず紹介できるのは、パナソニックLDA7NDGSZ6ANという製品です。明るさが810ルーメンしかありませんが、他社品よりRa値が90と高めです。別に039というブランドで撮影用LED球が販売されており高品質でプロでも使っている方もいます。ただし品切れが多く入手が難しいのが欠点です。

フラッシュ撮影が便利で高画質

プロカメラマンが定常光ライトを使うのは、クライアントの指定、特殊な商品の撮影、動画と同時の撮影などです。
ほぼ全ての撮影にストロボを使います。出来ればフラッシュ撮影にチャレンジしてください