デジタルカメラを確認する

商品撮影用に使われるカメラは、スマホ内臓カメラか単体のデジカメになります。さらに単体のデジカメは大きく分けて、コンパクトデジカメミラーレスデジカメ一眼レフデジカメの3種類になります。まずそれぞれの特徴を簡単に解説します。

スマホ内臓カメラと単体のデジカメの違い

スマホ内臓カメラの進化はめざましく、単体のデジカメは不要という方も多く存在します。
たしかに常時持ち歩いて、すぐ撮影出来る、動画も撮れるしかも画像の品位も年々上がっています。
しかしながら商品撮影という観点から考えると大きな欠点がいくつかあります。

スマホはマニュアル撮影が難しい。

スマホ内臓カメラは、手軽さ優先のためオートで使うことが当たり前で、シャッター速度や感度・絞りを指定して撮影できる機種は限られています。(マニュアル撮影に近い機能を追加できるアプリもあります)

外部フラッシュ撮影も基本的には難しい状況です。(iphone用アダプターが発売はされている)

レンズがほとんど単焦点

最新の高級スマホには、トリプルレンズ搭載と言って、3種類の撮影レンズが付いている物があります。
このトリプルレンズの望遠レンズは商品撮影に使えないことはありません。中級機にはダブルレンズ付きの物もあります。多くは広角レンズと超広角レンズで商品撮影に向いたものではありません。単体デジカメはほとんどズームレンズ搭載なので使いやすいと言えます。

スマホで商品撮影は定常光ライトで

スマホでは、電球型蛍光灯やLED球を使う定常光ライトを使うことになります。ストロボを使う機材を購入するなら単体デジカメ(中古など)を購入することをお勧めでします。
なお小物の撮影は定常光ライトで十分可能です。

ただし定常光ライトでは人物撮影など大きめの被写体の撮影では光量が不足気味です。スマホ・撮影機材とも進化していますがまだまだ十分とは言えません。

コンパクトデジカメ

いわずと知れたコンデジと呼ばれ、よく見かけるカメラです。
「手持ちのコンパクトデジカメで商品撮影ができますか?」という質問をよく聞きます。
結論から言うと、機能しだいです。オート撮影だけの機能しかない物は商品撮影には向きません多機能タイプのコンデジなら、蛍光灯ライトなど、そのまま光を当てるタイプの定常光ライトで撮影できます。

ホットシュー付で外部ストロボ(フラッシュ)を使って撮影できる機種も少数ですが販売されています。
ネットショップ用の画像はサイズが小さいこともあり、高い、新しいカメラでなくても撮影可能です。ただし、あまり古いカメラは暗いところにノイズ(ザラザラ感)がでるのでお勧めしません。

ミラーレスデジカメ

最近の各カメラメーカーは、ミラーレスデジカメに力を入れてます。昔からある一眼レフデジカメとの大きな違いは、撮影する画像を確認するのに電子ビューファインダーや液晶ディスプレイ を使うことです。この方式により一眼レフのボディの真ん中に内蔵された画像を確認するミラーを使ってません。よってミラーレスと呼ばれます。
全体に小型軽量化できるので、人気があります。幅広い撮影に使えますが、商品撮影用という場合、1点だけ注意点があります。

それは、ホットシューと呼ばれる外部ストロボ(フラッシュ)の接点が付いているかどうかです。これが付いていない場合、コンデジやスマホと同じで定常光ライトなどでの撮影となります。

ソニーのカメラに注意
ソニーのカメラだけ特殊なホットシューの形状をしてます。専用タイプのクリップオンストロボなどもありますが、一般的にモノブロックストロボなどを使うにはアダプターを付けて使う(同調させる)か専用タイプの無線トリガー機器を使うことになります。

一眼レフデジカメ

現在、新品で販売されているデジタル一眼レフであればメーカなど気にせず使えます。(上記ソニー以外)
注意点は、レンズです。セットで購入することが多いと思います。APS-Cタイプのカメラで18-55mmなどのレンズでとりあえずOKです。予算のゆとりがあればWズームレンズ付きセットを購入ください。4万円~6万円で入手可能と思います。
広角レンズ(広角ズーム)は商品写真には向きません。

予算はないがなるべく高画質で撮りたい場合

カメラメーカー各社から、高級コンパクトデジカメとして高倍率ズームレンズを搭載(レンズ交換はできない)機種が発売されています。画質・機能的にはWEB用写真撮影には十分です。
ホットシューがある機種を選ぶとストロボ撮影も可能です。(制約がありますが内臓ストロボで同調させる手もある)

参考 光学スレーブ

またデジカメ全般に言えますが、1~3年前の機種でも、WEB用商品撮影にはオーバースペック(機能が高すぎ)といえます。高級コンデジなら程度の良い中古が2万円程度から購入可能です。