モノブロックストロボは商品撮影必需品

フラッシュとかストロボとかスピードライトとか呼び方はさまざまですが、商品撮影の現場で最も多く使われているのがフラッシュです。その中でもモノブロックと呼ばれる一体型のストロボがプロカメラマンに多く使われています。(主に出張撮影時です)スタジオでは電源部と発光部が別のタイプを使っている場合も多くあります。写真館などもこの分離している機材を使います。もっと詳しく
モノブロックストロボの基礎知識

メリットが沢山ある

  • 大光量が得られる
  • 太陽光に近い光である
  • ランニングコストが安い
  • 安価にシステムが組める(海外製品)

デメリットも存在する

  • 瞬間光なのでライティングが分かりにくい
  • シャッターと同調させなくてはならない。
  • 機材システムは安価に組める、だが中国製が多く信頼感が低い

初心者はモデリングランプ付きがおすすめ

ストロボ初心者は、モノブロックストロボがお勧めです。あまり高くない国産品もあります。
最大の理由は、モデリングランプというライティングの状態を確認できる電球(ハロゲンランプが多い)が点灯できます。
また国産品は、当然ですが、国内でアフターサービスが受けられます。元々の耐久性も中華製品と比較して高い製品が普通です。写真はアマゾンで販売されているプロペットの商品です。

中華製でも使えないことはない

初期の中華ストロボはお世辞にも品質が高いとは言えませんでした。
近年写真のGodox社製品をはじめとして機能・品質の向上はめざましくプロカメラマンでも使い始めています。
特徴は価格が国産の数分の一で入手可能です。また無線同調・コントロールシステムは国産よりはるかに進歩してます。欠点は図体が大きく持ち運びには適さない点と、故障時のアフターサービスの弱さでしょう。

写真はアマゾンで販売されている400wの製品です。
技適マーク付きなので紹介してます。内臓無線コントロールを使わなければ(発信)もっと安い(光量の少ない)300Wタイプで十分です。

安価に周辺機材が手に入るようになった

平成の中頃まで、国産モノブロックタイプのストロボ2灯と、スタンド・アンブレラなどの周辺機材をセットにすると20万円以上の金額がかかりました。
中国製ではありますが、現在は7~8万円ほどで十分2灯セットが組めます。(被写体・撮影目的による)

参考までアマゾンで目に付く製品を選んでみると上のようになります。簡単に説明するとモノブロック本体はGodoxの300Wの物、ライトスタンドはNEEWERのやや太めの物をセレクト、アンブレラは約1mの標準的なサイズの物でアンブレラ用デフューザーを追加。サイズを除けばコストパフォーマンスが高いと言えます。

13,500円+2899円+3873円+2750円=23,022円を2セットで46,044円です。下記の無線シンクロセットなどを加えても5万円程度でしょう。十分商品撮影をこなす光量があり、セッティングも簡単です。(背景スタンドなどは別)詳細な組み合わせはHOMEから各キットをご覧ください。